HOME>トピックス>糖尿病から発展して人工透析が必要になることがある

糖尿病から発展して人工透析が必要になることがある

婦人

人工透析とは腎臓の老廃物を排出するために必要な治療

糖尿病になったら、体調管理に気を配る必要があります。腎臓病になりやすいため、クレアチニンの数値を確認しておくとよいです。糖尿病と腎臓病は食事制限があります。カロリーや塩分など本来の食事のスタイルに比べると様々な制限がつくことになるため、注意する必要があります。栄養士の指導を受け、病状に合った食事に変化させなければなりません。腎臓病の症状が進むと、人工透析が必要になります。老廃物を腎臓でろ過できないため、放っておくと尿毒症などの症状がでてしまいます。週に三回ほどクリニックに通い、血液の中から老廃物を排出する作業が必須となります。東京にはたくさんクリニックがあるため、合うクリニックを選ぶとよいです。実績があるクリニックだと、通うのが困難になった場合送迎車を利用できるなど、利用しやすい環境が整っています。じっくりとチェックしてクリニックを選ぶとよいです。

病院

腎臓に負担がかかりすぎると透析が必要になる

病状が悪化しているのに、症状を感じないのが腎臓病です。クレアチニンの数値で、腎臓の状態をチェックすることができますが、数値が高いと人工透析を行う必要があります。腎臓は老廃物をろ過し排出する役割がありますが、悪化すると上手に排出できなくなります。尿にタンパクがおりることもあります。人工透析を行うことにより、老廃物を取り除くことができるため、日常生活を普通におくることができます。透析が必要となる場合、最初から腎臓が悪い場合と、糖尿病から腎臓病になることもあります。糖尿病の方も、腎臓病について学んでおくとよいです。東京にはたくさんのクリニックがあるため、なるべく通院しやすいクリニックを選ぶ必要があります。週に3回ほど通院し、4時間ほど時間もかかります。クリニックに通いやすいように、環境を整えておく必要があります。