シャンプーの使い方

頭皮シャンプ―・適したケア

「頭皮シャンプー前に・地肌と髪の汚れを浮かすためのブラッシングを」。まず毛先のからみをといたら、頭皮の(毛穴汚れ)をはがすようなイメージでブラッシングをします。手首にスナップを利かせるのがコツ。これで地肌にはりついた古い角質や汚れを落とします。ブラシ選びはクッション性があり、目の粗いタイプのものがよいでしょう。「お湯で毛穴を開いて、汚れを落としやすくする」。最初に38度程度のお湯で軽く洗います。この温度だと毛穴が開いて皮脂が溶け出すため、頭皮シャンプー前の予洗いに最適です。また全体にしっかり水分を与えることで髪同士の摩擦防止にもなります。冷たすぎる温度だと毛穴がゆるまないし、逆に熱すぎると頭皮の負担になるので注意しましょう。

指の腹を使って小刻みに

頭皮シャンプーは原液のままだと泡立ちにくいので、お湯を少し足して手の中で混ぜてから地肌にのばしていくと、洗いやすいでしょう。また、髪ではなく頭皮につけるようにしましょう。「頭皮汚れを落とす・頭皮シャンプーでまんべんなく洗う」。頭全体を下から上に、生え際から頭頂に向けて洗います。洗い方は指の腹を使って、前後に小刻みに動かすようにします。指で段々と上っていく感じです。「ロングヘアー・毛量の多い人」は、5本指を大きく広げて髪の内側に手を入れ、指の腹をしっかり頭皮に密着させて指先を細かく動かしながら洗い進みます。特に汚れが気になる部分は、より丁寧に。最後に血行が滞りがちな(はち部分)を指先で絞りだすようにもんで洗い上げます。